スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
あわれ彼女は娼婦
2006年7月6日~30日 bunkamuraシアターコクーン(東京)、
 同 8月5日~13日 シアターBRAVA!(大阪)      にて上演。

●スタッフ
原作:ジョン・フォード、翻訳:小田島雄志、演出:蜷川幸雄、美術:中越司、照明:原田保、音響:井上正弘、衣装:前田文子、ヘアメイク:佐藤裕子

●キャスト
三上博史(ジョヴァンニ)、深津絵里(アナベラ)、谷原章介(ソランゾ)、 瑳川哲朗(ボナヴェンチュラ)、石田太郎(ヴァスケス)、たかお鷹(リチャーデット)、立石凉子(ヒポリタ)、中丸新将(フォーリオ)、有川博(ドナード)、梅沢昌代(プターナ)、高橋洋(バーゲット)、月影瞳(フィロティス)、鍛冶直人 (グリマルディ) 他
スポンサーサイト
【2007/05/03 22:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ
●2004年 5都市で上演
 05/14~06/06 PARCO劇場(東京)
 06/08~09 シアター・ドラマシティ(大阪)
 06/15 電力ホール(仙台)
 06/17 新潟市民芸術文化会館(新潟)
 06/20 シアター・ドラマシティ(大阪・追加公演)
 06/21 愛知厚生年金会館(名古屋)
 06/23~24 東京厚生年金会館大ホール(東京・追加公演)  ☆新宿ナイツ

●2005年 3都市で上演
 06/16~06/26 PARCO劇場(東京)
 07/01~07/02 Zepp Fukuoka(福岡)
 07/05~07/09 シアター・ドラマシティ(大阪)
 07/11~07/16 Zepp Tokyo(東京)

●スタッフ
作:ジョン・キャメロン・ミッチェル、 作詞・作曲:ステファン・トラスク、 訳・演出:青井陽治、 編曲:横山キース英規、 日本語歌詞:青井陽治、三上博史、エミ・エレオノーラ、近田潔人、 企画協力:ポスター・ハリス・カンパニー

●キャスト
三上博史(ヘドウィグ)、 デミ・セミ・クエーバー(ズィ・アングリーインチ)


 ↓ 2004年・2005年 上演当時のコトを纏めています。m(__)m
http://www.ne.jp/asahi/adorer/mika/b_hedwig.htm

ヘドウィグの作品背景にある ロックの知識や、2005年時に開催された衣装展での画像(100枚くらいあるかも?)や この舞台を思いっきり楽しんだ ”みんなたち写真館” 等々掲載しました。 当時のBBSも 丸ごと保存かけました。

およろしければ どうぞ~♪(^^/”

テーマ:三上博史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2006/10/25 10:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
青ひげ公の城
2003年3月28日~4月17日 パルコ劇場にて上演。

【スタッフ】
台本・詞:寺山修司、 演出・音楽:J.A.シーザー、 舞台美術:小竹信節、 照明:沢田祐二、 衣裳:ひびのこづえ、 宣伝美術:合田佐和子、 主催:TBSラジオ、 企画・製作:パルコ/ポスターハリス・カンパニー、 製作:パルコ、 協力:人力飛行機舎、 演劇実験室万有引力、 テラヤマ・ワールド


【キャスト】
第2の妻=三上博史、 第1の妻=荻野目慶子、 第5の妻=秋山菜津子、 男優=河原雅彦、 プロンプターにんじん=佐藤誓、 付人 コプラ=横田栄司、 少女・第7の妻=藤岡杏、 第4の妻=三咲レア、 第3の妻=浅井美保、 第6の妻=沙智、 第8の妻=江本純子、 アリスとテレス=FLIP FLAP、 魔術師=Shin、 衣裳係=蘭妖子、 舞台監督=根本豊、 人形師コッペリウス=井内俊一、 演劇実験室万有引力のみなさま他


16年ぶりの舞台。
それも
「おまえ、駄目だよ」と寺山さんに言われておられたという、舞台(寺山作品)。
寺山さん、前言撤回されると信じます。

大絶賛された舞台でした♪

テーマ:三上博史 - ジャンル:学問・文化・芸術

【2005/03/24 16:52】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。